新型コロナウイルス感染症対策

東京九州フェリーでは、お客様に安心してご利用いただくため、
以下の取り組みを含めた感染症対策を徹底し、皆さまのご乗船をお待ちしております。
(※写真はすべてイメージです。)

  • 体温測定の実施

 

 

 

 

 

 


ご乗船されるすべてのお客様の体温測定を実施いたします。
ご乗船の際にはターミナル館内にお立ち寄りの上、体温測定を受けていただきますようお願い申し上げます。

なお37.5度以上の発熱がある場合および
体温測定にご協力いただけない場合はご乗船をお断りいたしますので予めご了承ください。

お客様に検温等の体調チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、
週末も含め最寄りの保健所等の指示を仰ぎ、適切に対応をとることにしております。
ご利用中に発熱やせき・からだのだるさ等の体調不良が出たお客様には、
直ちに係員にその旨を連絡していただき、必要に応じて保健所への報告や医療機関の受診をお勧めします。

 

  • 従業員のマスク着用

 

 

 

 

 

 


お客様に安心してご乗船いただくため、従業員はマスクをつけて接客いたします。
お客様におかれましても必ずマスクを着用し、ご来店・ご乗船いただきますようお願い申し上げます。

 

  • 消毒の実施

 

 

 

 

 

 


消毒液を使用し、船内のドアノブや取っ手・エレベーターなどの
多くの人が頻繁に接触する物や場所は、定期的にふき取りを実施いたします。
客室内のお客様が触れる部分は、客室清掃時にふき取り消毒を実施いたします。

また船内・ターミナルともにアルコール消毒液を設置いたします。

 

  • ソーシャルディスタンシング対応

 

 

 

 

 

 


各港ターミナル窓口や船内ショップ・レストラン等ではお客様同士の間隔を確保してお並びいただきます。
またビニールカーテン等で飛沫感染防止対策を実施いたします。

チェックイン時、直接の対面を避けるなど感染予防策を講じた上で全員の検温と本人確認をお願いいたします。

 

  • 船内の換気について

航海中は空調機器にて外気を100%を取り入れ換気を行います。
また定期的な換気に加え、乗組員はCO2モニターを活用し、CO2を数値で確認し換気対策を実施いたします。
停泊中は外部との扉を開放し換気を強化いたします。

  • 船内施設・イベントの一部閉鎖・中止

感染拡大予防のため、施設の閉鎖や使用を制限させていただく場合がございます。
何卒ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

 

  • 大浴場について

船内の大浴場では、入場者数の制限を実施いたします。
ご乗船の際、ご利用時に大浴場靴入れに空きがない場合は、
ご不便をおかけしますが時間をおいてのご利用をお願い申し上げます。

 

  • お客様へお知らせ

船内やターミナルでは感染症予防啓蒙ポスターの掲示のほか、
咳エチケットやアルコール消毒等の感染症予防アナウンスを実施いたします。

お客様におかれましても手洗い・アルコール消毒の実施をお願いいたします。
またマスクを必ずご着用いただき、大きな声を出しての会話はご遠慮ください。

発熱や体のだるさ等体調不良があるお客様は係員にお申し出いただきますようお願いいたします。

空席・運賃照会

ご乗船日

出発地

出発港と到着港を入れ替える

到着地
page top
MENU